ビットコイン(BTC)のチャート分析(18.11.3)

 

前月に続き今月の第一週のビットコインチャートの分析です

前月の分析(ビットコイン(BTC)のチャート分析(18.9.10))に続きやっていきましょう

そして今月の現在は下落トレンドなのか、上昇トレンドなのか、またはそのどちらでもないのか

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)のチャート分析

インディケーターで見るのは移動平均線、足は大きな方向感を見たいので週足、日足です

あとはレジスタンスとサポートについて見ます

週足 移動平均線 7,30

ビットコインの週足です、移動平均線は7日、30日

特に注目したいのは30日、この30日の移動平均線は2015年10月から2018年2月に価格が下回るまでずっと上昇トレンドをサポートし続けていました

そして現在は逆に下落トレンドのサポートになっています

9月に一時期この30日線に向かって高騰しましたがすぐに押し下げられ変わらず30日線を下回っての膠着状態になっています

日足 移動平均線 7,30

ビットコインの日足です、移動平均線は7日、30日

上値が徐々に下落していることと、5800~6000ドル付近のサポートで価格が跳ね返っていることがわかります、現在はほぼ膠着状態になっています

5800~6000ドル付近、65万円辺りが現在はサポートラインとなっています

サポートラインを破らずに前回の高値7400ドルを突破することになれば下落トレンドの状態は脱することになります

現在は週足では下落トレンド継続、日足では上昇でも下落でもないトレンドレス状態になっています、週足と日足から考えて全体としてはいまだに弱含みと見ていいでしょう

個人的にはビットコインFXを行うなら、週足の30日付近でショート目線、5800~6000ドル付近でロング目線にします

もちろんストップロスを付けてです

前回とあまり変わらない分析ですが、やはり週足の30日線と5800~6000ドルのサポートどちらかのブレイクがない間は当分そのままと考えています

コメント