6000ドル台に到達、今後どうなるビットコイン(BTC)のチャート分析(19.5.6)

 

前月に続き今月の第一週のビットコインチャートの分析です

前月の分析(5000ドル台に急上昇、ビットコイン(BTC)のチャート分析(19.4.4))に続きやっていきましょう

ビットコインは2018年末から2019年2月にかけて3000ドルまで下がりましたが、そこからじりじりと上昇と下落を繰り返しながら上昇を続け

現在は6000ドルに到達しました

スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)のチャート分析

インディケーターで見るのは移動平均線、足は大きな方向感を見たいので週足、日足です

あとはレジスタンスとサポートについて見ます

週足 移動平均線 7,30

ビットコインの週足です、移動平均線は7日、30日

特に注目したいのは30日、この30日の移動平均線は2015年10月から2018年2月に価格が下回るまでずっと上昇トレンドをサポートし続けていました

30日線を上抜けしたので週足では上昇トレンドになっています

ただ問題は2018年に長期に渡って6000ドル付近がサポートになっていたので

逆に現在は上昇のレジスタンスになります

ここからの問題は6000ドルのレジスタンを破って上昇できるか、でしょう

そして価格帯としてはおそらくキリの良い数字である3000ドル(33万円)が心理的にサポート、買いが旺盛になる可能性があり、3000ドル台で底値を形成できるかが次の上昇につながるカギになります

仮に上昇した場合は一旦、これまでサポートとして機能していた6000ドル付近が逆にレジスタンスになります

引用元:底打ち?ビットコイン(BTC)のチャート分析(19.1.5)

 

1月の記事で書いたように6000ドル付近までは上昇しました

個人的な予測としては上昇するとしても、何度か6000ドル付近で下落して4~5000ドルで底を固めてから6000ドルを突破していくのではないかと

少し時間的な猶予はあるのではないかと思います

日足 移動平均線 7,30

ビットコインの日足です、移動平均線は7日、30日

日足の長期で見てもらうとわかるように2018年に6000ドル付近がサポートになっていたのがわかります

今後、仮に6000ドルを明確に上抜けすれば再び6000ドル付近はまたサポートとして機能する可能性があります

個人的には、6000ドル付近に何度か跳ね返えされる可能性が高いと考えています

その何度かで4~5000ドル台で底固めしてから再び上昇に転ずるのではないかと考えています

コメント

タイトルとURLをコピーしました