コインチェック、新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開

今年1月26日に仮想通貨NEM(XEM)を580億円相当分ほど流出させて取引所としての機能を大幅に縮小していたコインチェックが再開に向けて動き出した

およそ9ヶ月ぶりの新規顧客の受け付けになる、ただ仮想通貨の交換会社としての登録の審査は継続中であり、金融庁は登録を認可していない

コインチェックは、顧客の資産を保護する体制が整ったとして30日、新たに新規の口座の開設のほか、一部の仮想通貨の入金や購入のサービスを再開したということです。

流出があった仮想通貨「NEM」などの購入も安全性が確認されしだい、再開させる方針だとしています。

引用元:NHK コインチェック 新規顧客受け付けなど再開

スポンサーリンク

コインチェック一部再開の内容

10月30日より再開するコインチェックの業務は以下のようになっている

・新規口座開設
・一部仮想通貨の入金 入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH
・一部仮想通貨の購入 購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっておりません)

引用元:新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ

 

新規口座開設の受付、それからBTC、ETC、LTC、BCHについては正常な業務の状態が再開されたことになる

次に再開準備中の機能については

・仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)
・レバレッジ新規建取引

引用元:新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ

 

レバレッジ取引であるFX機能の新規再開、ETH、XEM、LSK、XRP、FCTの入金・購入の再開については準備中であるということである

約9ヶ月間ほど事実上、仮想通貨取引所として機能していなかったコインチェックの業務が正常化に向けて具体的に動き出しました

これからの焦点はコインチェックの業務全面再開がいつになるのか、それから金融庁の認可がいつになるのかになります

コインチェックの新規口座開設については「公式 コインチェック」から、今回の業務再開の内容の詳しい内容は「新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ」からどうぞ

コメント