【NEM】XEMのハーベスト実績の記録(2017/7月)

 

NEM(ネム)にはビットコインのマイニング(採掘)に相当するハーベスティング(収穫)というのが存在するのは有名です

ブロック生成時の取引手数料を報酬として獲得します

ハーベスティング(収穫)にはスーパーノード(SN)などもありますが、一般的には1万XEM以上を保有し、委任ハーベスティングという方が多いでしょう

自分も委任ハーベスティングを行っています、その記録を淡々と付けていきます

ハーベスティングを検討されている方の参考になるでしょう

スポンサーリンク

XEMのハーベスト実際の記録(2017/7月)

ハッキングなどの被害で一度にロストするリスクを避けるために3つのnanowalletに分散しています

A nanowallet(10万XEM、重要度0.24)

日時XEM
17-07-066
17-07-208
17-07-227
17-07-293
計 24XEM(720円)

B nanowallet(10万XEM、重要度0.24)

日時XEM
17-07-073
17-07-1516
17-07-206
17-07-295
計 30XEM(900円)

C nanowallet(10万XEM、重要度0.24)

日時XEM
17-07-036
17-07-096
17-07-2738
17-07-276
17-07-3115
計 71XEM(2130円)

 

※円換算は8/9のレート(30円)

全部、同じXEM量、ほぼ同じ重要度ですがXEMのハーベスト数はかなり違います、運次第ということろでしょうか

しかし同一条件であるなら長期的にはハーベスト量は平準化されるのでしょう

P0I(Proof of Importance)の重要度はそのnanowallet IDのネム(NEM)における活動の度合いで変化するようです(重要度が高いほど、ハーベストの確率があがる)

例えば頻繁にnanowalletに入出金を行うなど、しかし一般的にはそんなに暇もないしnanowalletをガチャガチャいじる人もいないのではないでしょか、そういうわけでこのnanowalletも何もしてないです

いずれ時間があれば1万XEMのnanowalletを複数用意して実際のハーベスト量を見てみるのも面白いかもしれません

それからcoincheck(コインチェック)の「貸仮想通貨サービス」の利率とどちらがお得か比べるのも面白そうです

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」の利用の仕方
coincheck(コインチェック)の「貸仮想通貨サービス」がコインチェックサービス上で取り扱いのある全通貨を対象にして再開されました 「貸仮想通貨サービス」とはユーザーが仮想通貨をcoincheck(コインチェック)に貸出(...

 

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」を利用した結果からわかること
coincheck(コインチェック)の「貸仮想通貨サービス」を1ヵ月ほど利用してみました、その結果からわかること また利用する時に注意すべきことも浮き出てきました コインチェックの「貸仮想通貨サービス」の簡単な利用期間と利率...

コメント