Ledger Nano S(レジャー・ナノS)が対応している仮想通貨とは?

 

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)はフランスのLedger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。

物理的に機器と承認作業とが行うことにより送金するため、Ledgerを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。

また対応通貨も幅広くビットコイン、その他の仮想通貨の保管・使用用として人気があるウォレットです。

スポンサーリンク

Ledger Nano Sが対応している仮想通貨

 

ビットコイン(BTC)
Bitcoin Cash(BCH)
Bitcoin Gold(BTG)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
DOGECOIN
Zcash
DASH
STRATIS
イーサリアム系トークン

主要な仮想通貨として上記があり、また全部で以下の仮想通貨に対応しています

appアプリケーション

ビットコイン(BTC)とBitcoin Cash(BCH)

ビットコイン、Bitcoin Cash(BCHを送金する場合はLedger ManagerからBCHの項目をLedger Nano S本体にインストール)を管理・送受信します

イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)を管理・送受信します

リップル(XRP)

リップル(XRP)を管理・送受信します

以上についてはそれぞれに対応した専用のappから操作することになります(XRPはデスクトップから)

その他

ライトコイン(LTC)、DOGECOIN、Zcash、DASH、STRATIS

これらの仮想通貨については専用のappはなく、まずビットコインのappを立ち上げてLedger Nano Sの機器を操作することになります

ビットコインののappを立ち上げる

Ledger Nano Sの機器の方でライトコイン(LTC)を選択する

ライトコイン(LTC)を管理・送受信する画面

以下、DOGECOIN、Zcash、DASH、STRATISその他についても同じ操作で管理画面が出ます

少しわかりにくい仕様です、ライトコイン(LTC)、DOGECOIN、Zcash、DASH、STRATISその他については自分は保有してないので実際に送受信を試していませんが、公式にも載っているので大丈夫だとは思いますが、まずは少量で試すなどして自己責任で利用お願いします。

Ledger Nano Sの機器1台に入れれる仮想通貨は約10種類になります

Ledger Managerで入替します

イーサリアム系トークン

イーサリアム系トークンは「MEW(MyEtherWallet)」と連携して保管、管理することになります

TREZORとLedger Nano Sの比較

もう1つの代表的なハードウォレットとしてTREZORがあります、TREZORと比べてLedger Nano Sはどういう利点があるでしょう

作りと画面の見やすさではTREZOR方が良さげでビットコインの保管ならTREZORの方が優れているように思われます

しかし、Ledger Nano SはXRP対応のハードウォレットであり、イーサリアムに関しても「MEW(MyEtherWallet)」と連携が必要なTREZORより優れてるいるといえます

Ledger Nano SはXRP、イーサリアム(ETH)の保管に関しては有利です

あとは地味に付属USBケーブルが長いので扱いやすいです

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

アマゾン、楽天からも購入できますが、XRP対応により高騰、納品が遅れていたりしますのでフランスLedger社の公式サイトからもしくはLedger日本正規代理店から注文することもできます

公式サイトではビットコイン、クレジットカード(VISA、Master)、PAYPALでの支払いに対応しています

どうしても直接がいい方は海外ですが公式サイトから直接購入することも出来ます、私も公式サイトから直接購入しました

参考記事 Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を海外公式サイトから購入する手順

コメント