スポンサーリンク
アルトコイン

Numeraire (NMR) 、Status(SNT) 、Basic Attention Token (BAT) を監視する

仮想通貨の売買はタイミングが命と言っても過言ではないでしょう どんなに有望な仮想通貨でもタイミングが数日ズレるだけでも将来的なパフォーマンスが桁違いになってしまいす また個人的に有望な仮想通貨と考えていてもどうしよもなくなっ...
国内取引所

国内取引所と海外取引所の利用のメリットとデメリット

仮想通貨の取引をする場合、多くの人はまず国内取引所を利用しています それから国内取引所だけでは満足できなくなった人は海外取引所も併用しだしているでしょう この場合の満足とは主にアルトコインの価格、種類についてです アルトコ...
仮想通貨市場

大型ICOのSTATUS(SNT)がBittrexに上場

イーサリアムのネットワークを利用したモバイルプメッセージラットフォームとして大きな注目を集めたSTATUS(SNT) 6月20日に行われたICOではイーサリアムネットワークが混乱するほどの熱狂ぶりで調達額は実に120億円ほどが...
スポンサーリンク
仮想通貨市場

イーサリアム3万円台復帰、アルトコインも一斉に反発

前日まで暴落していた仮想通貨市場 今日は一転して一斉に反発しています これで反転上昇となるのか、再び下落となるのか予断を許さないですが とりあえずホールドしてる人はホッと一息ついたでしょう 一旦、下落が止まる 仮想...
テクニカル分析

暴落!暴落!暴落!サポートラインを探せ!

とうとう仮想通貨市場の時価総額が1000億ドルを割ってしまいました 5日前の記事でチャートの形的に暴落もあり得るかも?と書きましたが不幸にもその通りになってしまいました 私の資産も大幅減です しかし、もう下がったものは...
国内取引所

coincheck(コインチェック)、「Zcash」「Litecoin」「DASH」「Monero」の入出金が可能に

coincheck(コインチェック)における仮想通貨の「Zcash」「Litecoin」「DASH」「Monero」が前回の「XEM」に引き続き入出金が可能になりました。 これでcoincheck(コインチェック)で取り扱って...
イーサリアム(ETH)

イーサリアム(Ethereum)の4つの段階

イーサリアム(Ethereum)は4つの段階を経ての開発が予定されています 今後のネットワークの安定性の確認やユーザビリティの向上を目指すためにバージョンアップされて行くということです 各段階はFrontier(フロンティア...
2018.05.09
仮想通貨雑知識

株式投資ユーザーから見た仮想通貨取引(米日中)

前回はFXユーザーから見た仮想通貨取引として外為どっとコムの顧客アンケート調査から記事を書きました なかなか面白いデータだと思いました 今回は株式取引をしているユーザーから見た仮想通貨取引へのアンケートをもとにど...
仮想通貨雑知識

FXユーザーから見た仮想通貨取引

突然ですが日本は実は世界No1のFX大国です なんと世界の取引高の1~5位を国内のFX取引業者が占めます(※2016年調べ) そして2016年3月期の預り証拠金残高は、1兆2,574億6,000万円(※2016年3月期) ...
仮想通貨市場

問題連発で仮想通貨市場1150億ドルの壁で伸び悩む、暴落もありえるか?

仮想通貨市場は今年に入り急拡大し1000億ドルを6月に突破しました しかし、6月12日に1160億ドル、6月14日に1160億ドルそして再び6月20日に1160億ドルに到達するも下落 なかなかスッキリしない展開が続いてます ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました