中国のICO禁止は一時的か?再開の可能性も示唆

9月4日に中国がICOの禁止を発表し、新規のICOは即時停止、既存のICOついても取得した資金の返金を命じました

これは中国国内で詐欺的ICOが跋扈してることを危惧してのことと思われるが

中国人民銀(PBoC)は、ICO(Initial Coin Offering)を違法な資金調達方法であるとし、今後のICOを禁止した。これを受け中国のICO情報提供サービスサイト、ICOINFOとICOAGEは、サイトを通じたICOトークンの販売サービスを停止する緊急措置をとった。 ICOは一般的な企業が行うIPO(I...

これを受けて仮想通貨市場は一斉に暴落を始めました

中国、ICO禁止でビットコイン、仮想通貨が大暴落!
9月4日、中国はICOについて全面的に禁止の方向を打ち出した 中国の当局は法規を改正して全面的に排除すると決めたようだ。 ...

現在は暴落から反発し、ある程度戻して市場は落ち着きを取り戻しています

スポンサーリンク

インタビューでICO再開の可能性も示唆

中国の当局者がテレビ(CCTV-13)のインタビューで答えたことによると

China ICO ban is temporary, will introduce licensing soon hints Chinese Official

The FUD over the China ICO ban seems to be over.

After causing a global panic on Monday with the announcement of an ICO ban, a Chinese official has clarified the position saying that China will look to resume ICOs in the future after establishing licensing regulations.

This was done via an interview on CCTV-13, a national television channel in China.

When asked about whether the ban could stop innovation in the Blockchain Space, the official responded that this was not the intention of the ban and it was meant to protect investors.

中国のICO禁止は一時的であり、すぐにライセンスを導入する中国の公式ヒント

中国のICO禁止に関するFUD(恐怖、不安、疑念)は終わったようだ。

中国当局者は、ICO禁止措置の発表とともに、世界的な恐慌を起こした後、中国がライセンス規制を確立した後、今後ICOを再開する見通しを明らかにした。

これは、中国の全国テレビ局であるCCTV-13のインタビューを通じて行われました。

その禁止がBlockchain Spaceにおけるイノベーションを止めることができるかどうかについて質問されたとき、当局者はこれが禁止の意図ではなく、投資家を守ることを意図していると答えた。(グーグル翻訳)

引用元:China ICO ban is temporary, will introduce licensing soon hints Chinese Official

ただこれはあくまでもテレビのインタビューでの答えであり、正式な発表でもないので、ICOに関する取扱いは流動的とも考えられる

Of course, this is a TV interview and may not represent the opinions of all the policy makers were involved in the decision process.

But as it stands it seems like ICOs will be back in some form or the other.

もちろん、これはテレビのインタビューであり、決定プロセスに関与しているすべての政策立案者の意見を代表するものではありません。

しかし、ICOが何らかの形で戻ってくるかのように思われます。(グーグル翻訳)

引用元:China ICO ban is temporary, will introduce licensing soon hints Chinese Official

ICOに関してはアメリカ、韓国では規制の動きもあり、各国で対応がまちまちである

ICOは現状、詐欺的なものも横行しているのでこの新しく登場した資金調達方法に関しては各国、もしくは世界的に投資家保護と資金調達の利便性のバランスをどう取り扱うか探りながら進んでいるのでニュースが流動的になる可能性に注意が必要である

また、このインタビューだけでは中国でICOがほんとうに再開されるのか、もし再開されるとしたらいつなのか、どういう規制がかかるのかなど不透明ではある

NEO(NEO)は急騰

9月4日のICO禁止報道により急落していたNEOはインタビューを受けて急騰した

おすすめ取引所 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

テレビCMでおなじみ安心の大手、またFXのようにレバレッジ取引したい方にもおすすめ→口座開設手順

おすすめ取引所 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめビットコインをはじめ12種類の仮想通貨を取り扱い、また100万円まで盗難補償もある→口座開設手順

<海外>アルトコイン間のトレードなら仮想通貨交換所「Changelly」
【公開】仮想通貨同士を交換できる「Changelly」、使い方と手数料

「Changelly」はインスタント暗号通貨取引所サイトです
通常、海外の取引所で仮想通貨を取引する時は

ビット…

<海外>取引所 HitBTCのアカウント登録方法
HitBTCの登録方法を解説<簡単>

HitBTCは海外の仮想通貨取引所です
ICOの後に、比較的早く上場される仮想通貨、トークン(ERC20)が多く、最近ではIn…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする