仮想通貨取引所、不正出金に「補償」・bitflyer (ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)

 

仮想通貨取引所の安全性や資産の保証はユーザー最大の懸念事項でしょう

取引所の方も前に進み始めています

国内の仮想通貨取引所bitflyer (ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)が不正ログインによる損失に対する補償サービスを開始することになりました

スポンサーリンク

補償の内容は?条件は?

それでは気になる補償の内容、最大いくらまで補償されるのかそして大事なことが1つ補償を受けるためには条件があります

内容を見ていきましょう

bitflyer (ビットフライヤー)の補償内容

利用者がメールアドレス・パスワード等を盗取され、不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービス

つまり、今回の補償は不正ログインされて不正に日本円を出金された場合に補償されるということです

当社ユーザーのうち、アカウントクラスがトレードクラス、かつ、ログイン時および日本円出金時
に二段階認証を実施しているユーザーを対象とします。

補償対象者は2段階認証をログイン時に日本円出金時に設定しているユーザーです

補償の上限は500万円になります

もっと詳しくはbitflyer (ビットフライヤー)のアナウンスをチェック

coincheck(コインチェック)の補償内容

coincheck(コインチェック)は「不正ログインにかかる損失補償」というサービス名になっています

当社は、運営する仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に
不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。

こちらも2段階認証をしているユーザーが対象です

補償対象は、「Coincheck」のユーザーアカウントに不正ログインされたことによってユーザーが被る、いわゆる「なりすまし」による損害です。
なりすましによる損害については、1回の請求で最大100万円を補償額と致します。

最大で100万円の補償額となります

coincheck(コインチェック)は「不正ログインされたことによって被る損害を補償」としており、
日本円の不正出金に限定していないようにもみえますね

もっと詳しくはcoincheck(コインチェック)のアナウンスをチェック

まとめ

bitflyer (ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)両社の補償対象、補償額は微妙に違いがあります。

しかし、両社に共通しているのは補償対象は2段階認証を設定していユーザーです。

仮想通貨取引所を利用するなら2段階認証は常識の時代です。

もし、2段階認証をまだ設定していない方はこの機会に設定しておきましょう。

初期に比べれば仮想通貨取引所もどんどん安全性や資産の保証が高まってきてる傾向だと思います

coincheck(コインチェック)取引所、2段階認証でセキュリティー強化!
自分の資金、資産を守るためには2段階認証を設定しておきましょう 知らない間に不正アクセスされてコインが盗まれたなんてことがないように 口座を開設したらまず2段階認証です やり方は簡単、5分もあれば設定できます 現状、2段...

コメント