マネックスがコインチェックに買収案提示の報道で仮想通貨上昇

 

NEMの不正流出により営業状態が縮小していたコインチェックにマネックスグループによる買収提案の報道があった

コインチェックは現在はビットコイン以外の取扱い仮想通貨の一部については引出し、売却のみが可能であるが、購入など営業の全面再開はまだ行われていない状態で営業の再開が待たれていた

あくまでもまだ決定事項ではないことには注意しておきたい

スポンサーリンク

マネックスが買収案提示

巨額の仮想通貨流出事件を起こしたコインチェック(東京・渋谷)が支援先を募り、マネックスグループが子会社化する買収案を提示したことが分かった。

コインチェックの議決権の過半を握り、経営陣も派遣する方針だ。

買収額は数十億円になる見込みで、マネックス主導でコインチェックの経営再建を進める。両社が週内にも発表する見通し。

引用元:コインチェック支援要請 マネックスが買収案提示 日経新聞

 

更にNHKなども同様の報道をしている

巨額の仮想通貨が流出した大手交換会社、「コインチェック」がネット証券大手の「マネックスグループ」の傘下に入り、経営を刷新する方向で最終調整を進めていることがわかりました。

中略

マネックスは、仮想通貨の交換事業をみずから手がけることを検討していて、コインチェックを傘下に収めることで仮想通貨ビジネスへの参入を加速する狙いがあると見られます。

会社はこうした方針をすでに金融庁に報告していて、金融庁はコインチェックがマネックスグループの下で経営体制を改善できるのか精査しています。

引用元:コインチェック マネックス傘下で経営刷新へ 最終調整 NHK

 

報道を受けてマネックスグループはプレスリリースを出している、コインチェックは特に何も現在は反応はしていない

それによると「本日報道された会社である仮想通貨交換業者の買収を検討しておりますが、現時点で決定した事実はありません。」となっています

買収の検討は事実のようだが、買収が決定した事実ではないということである

再三ですが、あくまでもまだ決定事項ではないことには注意しておきたい

なお今回の報道を受けてマネックスグループの株価、それからコインチェックの取り扱い仮想通貨は全般的に上昇している

コメント