仮想通貨、1年の最後はスクリーンショット作業で〆る

2017年は仮想通貨の市場にとってまさに端緒の年となりました

爆発的な資金の流入がはじまり、1年間とどまることなくあの仮想通貨、この仮想通貨と吹き上がっていた印象です

2018年はいよいよ仮想通貨が既存の市場から資金が入り更なる高みにのぼるのかの年になりそうです、更なる高騰があれば良いですね

そして来年の話はさておき、今年の最後の仮想通貨の作業は取引所、ウォレットの保有残高のスクリーンショットを撮っておきましょう

スポンサーリンク

確定申告に備えての作業

なぜ12月31日の仮想通貨の残高のスクリーンショットを撮っておくかというと、こちらに第13回「12月31日時点の仮想通貨残高のスクショ」理由が書いてあります

特に今年トレードで売買して確定申告が必要な方は撮っておいた方がいいでしょう

自分で確定申告作業をやるにしろ税務署とのやり取りに必要でしょうし、税理士に依頼するにしろ残高のスクリーンショットなどがあれば税理士も仕事を受けやすいのではないでしょうか

自分も確定申告の作業をお願いしている税理士さんにスクリーンショットを撮っておくように指示を受けました

あちこちの取引所、ウォレットに散らばってる方もいるかと思いますがスクリーンショットを撮るだけの作業なのでサクッと終わります

それで後々の税務処理の時に大いに助かることになるでしょう、取引先の履歴とかとの照合もあるでしょうし、後から税務署になんだかんだと言われるのも面倒ですし出来るだけ資料を用意しておいて自分を守りましょう