TREZOR(トレザー)が対応している仮想通貨とは?

仮想通貨のハードウェア型のビットコインウォレットとして人気のTREZOR

現状ではバックアップコードを紛失しない限り一番安全な保管方法と言われています

TREZORはビットコインのハードウェア型のウォレットとして有名ですが、ビットコイン以外にも複数の仮想通貨に対応しています

スポンサーリンク

TREZORが対応している仮想通貨

TREZORのウォレット選択画面です

Bitcoin(BTC)
Bitcoin Cash(BCH)
DASH
Zcash
ライトコイン(LTC)
イーサリアム
イーサリアムクラシック
イーサリアム系トークン

ビットコイン、DASH、Zcash、ライトコイン(LTC)

ビットコイン、DASH、Zcash、ライトコイン(LTC)はTREZOR自体がウォレットとして機能することになります

イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアム系トークン

イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアム系トークンについては「MEW(MyEtherWallet)」と連携して保管・管理することになります

仮想通貨を保有するためのウォレット

仮想通貨を保有するためのウォレットの種類としては以下のようなものがあります

デスクトップウォレット
オンラインウォレット
モバイルウォレット
ペーパーウォレット
ハードウェアウォレット

安全性でいえばペーパーウォレットとハードウェアウォレットが高いです、そしてさらに安全性と利便性の両方を考えればパスワード、バックアップコードのシステムを備えつつパソコンに接続してすぐに使用できるハードウェアウォレットが最も適しているといえます

とても小さなデバイスです、ハードウェアウォレットといえばTREZORといわれるように世界でも100カ国以上で標準的に使用されています

現在、アマゾン等でも購入できますが高騰している場合もあります

TREZORの公式サイトからBitcoinまたはクレジットカードでの支払い方法で購入することも出来ます (参考記事 海外通販での住所の書き方

おすすめ取引所 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

テレビCMでおなじみ安心の大手、またFXのようにレバレッジ取引したい方にもおすすめ→口座開設手順

おすすめ取引所 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめビットコインをはじめ12種類の仮想通貨を取り扱い、また100万円まで盗難補償もある→口座開設手順

<海外>アルトコイン間のトレードなら仮想通貨交換所「Changelly」
【公開】仮想通貨同士を交換できる「Changelly」、使い方と手数料

「Changelly」はインスタント暗号通貨取引所サイトです
通常、海外の取引所で仮想通貨を取引する時は

ビット…

<海外>取引所 HitBTCのアカウント登録方法
HitBTCの登録方法を解説<簡単>

HitBTCは海外の仮想通貨取引所です
ICOの後に、比較的早く上場される仮想通貨、トークン(ERC20)が多く、最近ではIn…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする