最新バージョンのNanoWalletにアップデートする方法

NanoWalletのバージョンを最新のバージョンにアップデートする方法です

特にハーベストを行っている方なんかは最新のバージョンではないとハーベストが行われなくなる可能性もあります

NanoWalletを最新のバージョンにアップデートする方法はNanoWalletを導入したことある方ならすぐに出来ます

スポンサーリンク
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

NanoWalletをアップデートする方法

NanoWalletのバージョンを確認する

NanoWalletのバージョンが最新であるかまずは確認しましょう

NanoWalletの右下に現在使用中のNanoWalletバージョンが表示されています

NEM DOWNLOADS(公式)」のサイトに最新のバージョンのNanoWalletの表示があります

NanoWalletのアップデートの準備をする

NanoWalletを作成した時に「.wltファイル」を作成したでしょうが、まだの方は.wltファイルは必須です必ずバックアップをとっておいてください

NanoWalletにログインして「ダッシュボード」→「アカウント」から「ウォレットをバックアップ」で.wltファイルをダウンロードしておきます

NanoWalletの最新バージョンをダウンロードする

次に「NEM DOWNLOADS(公式)」のサイトから最新のバージョンのNanoWalletをダウンロードします

Windows、Mac、Linuxの中から自分の環境に合わせてNanoWalletをダウンロードします

ダウンロードしたZipをダブルクリックして解凍して、NanoWalletのフォルダをひらきます

青く表示しているNanoWallet.exeをダブルクリックしてNanoWalletを立ち上げます

NanoWalletにログインする

新しいバージョンのNanoWalletを立ち上げてログインをクリックします

・「ウォレットの選択」に自分のウォレットがあるか調べます、あるなら自分のウォレットを選択して、パスワードを入力して「サインイン」します

・「ウォレットの選択」に自分のウォレットがない場合、「ウォレットをインポート」をクリックして.wltファイルを選択してインポートします、そして後は同じように「ウォレットの選択」から選択してパスワードを入力して「サインイン」します

ハーベストの設定を行う

「ダッシュボード」→「サービス」→「デリゲートハーベスティング(委任)」の「デリゲートアカウント(委任アカウント)管理」で状態を見ます

「ハーベスティング」が無効になっているので「「デリゲートハーベスティングを開始/停止」」をクリックします(右上のエラーは特に問題なく消えました)

委任先のノードを選択して、パスワードを入力して「デリゲートハーべスティングの開始」をクリックします

「ハーベスティング」が有効になっていれば委任ハーベストが稼働しています、以前のバージョンのNanoWalletフォルダは削除して大丈夫です

以上、最新バージョンのNanoWalletにアップデートする方法とハーベスティングの再設定の説明です

おすすめ取引所 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

テレビCMでおなじみ安心の大手、またFXのようにレバレッジ取引したい方にもおすすめ→口座開設手順

おすすめ取引所 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめビットコインをはじめ12種類の仮想通貨を取り扱い、また100万円まで盗難補償もある→口座開設手順

<海外>アルトコイン間のトレードなら仮想通貨交換所「Changelly」
【日本語対応】仮想通貨同士を交換できる「Changelly」、使い方と手数料

「Changelly」はインスタント暗号通貨取引所サイトです
通常、海外の取引所で仮想通貨を取引する時は

ビット…

 

シェアする

フォローする