Zcash/ジーキャッシュ(ZEC)とは、その概要

 

Zcashは匿名性に特徴のある仮想通貨です、匿名性に特徴のある仮想通貨としては他にDASH(ダッシュ)やMonero(モネロ)があります

その中でもZcashは「ゼロ知識証明」により最も匿名性が高いと言われています。

匿名というと「怪しい」と考える人もいるかもしれませんが、ビットコインのように取引履歴が全て公開されているのに比べ、プライバシーが必要なケースは多々あるでしょう

「私たちは、個人のプライバシーは尊厳、親密性、倫理のような根本的な 人間の価値観にとって必要だと信じています。」

引用元:Zcash blog「Hello, World!」

 

Zcash/ジーキャッシュ(ZEC)の基本情報

発行上限2,1000,000ZEC
平均ブロック生成2分30秒
半減期4年
公開日2016年10月28日
ブロックサイズ2MB
スポンサーリンク

Zcashの特徴

発行枚数

発行上限は2100万ZECとなり、ビットコインと同じ数量となります

ブロック生成は平均約2分30秒でビットコインの1/4となりますが、1ブロックにつき生成されるZECの数量はビットコインの1/4に設定されており、通貨の供給曲線はビットコインと同じようになるようになっています

1ブロック辺り12.5ZEC生成、半減期毎に12.5→6.25→3.125→1.5625となる予定です

ゼロ知識証明

Zcashの匿名性を高めているゼロ知識証明、moneroのリング署名やDASHのcoinjoinがありますが、Zcashはゼロ知識証明によりブロックチェーンで送信者のアドレス、受信者のアドレス、そして金額の3つともを匿名にしつつ第三者に公開しなくともその取引が正しいであるということを証明することができ、また取引の追跡を不可能にしています。

暗号化された取引内容は閲覧権を持った利用者しか見られず、その閲覧権は閲覧キーを持っている利用者に与えられ、利用者間で送信することになります

Zcashの今後

高い匿名性というものは犯罪に利用される恐れもありますが、一方で社会的にプライバシーを守るためにも必要なことでもあります

両者のバランスをとりつつ社会的に受け入れられるサービスに発展していくことがあれば有用なものとなるのではないでしょうか

・2017年5月23日 JPモルガンがZcashの採用しているゼロ知識証明を自身のサービスに利用するためにZcashの開発企業であるZcash Electric Coin Company(ZECC)とパートナーシップを結んだことにより、この発表を受けてZcashは一時高騰しました

コメント