ビットコイン、暗号資産CFD取引口座が開ける業者及び税金の取扱い

暗号資産のCFDを取り扱っている主な業者は以下になります。

マネックスビットコイン(マネックス証券)

暗号資産CFD(SBI FXトレード)

CFDとは「差金決済取引」です。

CFDは株式指数、商品、為替など「差額」をやり取りする取引です。

FX(外国為替証拠金取引)はCFDの中の1つの種類になります。

暗号資産CFD

暗号資産CFDの値動きの差額を取引します。(暗号資産は保有しません)

レバレッジ取引により小額から「買い」「売り」どちらからでも取引する事が出来ます。

暗号資産CFDならではの最大の特徴は土日を含め24時間365日取引が可能です。(メンテナンス等を除く)

※暗号資産CFDの税金の取り扱いは「雑所得」になります。

スポンサーリンク

暗号資産CFD取引業者

マネックスビットコイン(マネックス証券)

暗号資産CFD

マネックス証券が運営する「マネックスビットコイン」です。

マネックスグループにはコインチェックもあり、暗号資産の分野にも強味があります。

注文も指値、逆指値、IFD、OCO、IFDと揃っています。

取り扱い暗号資産

取り扱い暗号資産最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)2倍
ビットコインキャッシュ(BCH)2倍
イーサリアム(ETH)2倍
リップル(XRP)2倍

公式 マネックスビットコイン(マネックス証券)

公式 coincheck(コインチェック)

暗号資産CFD(SBI FX)

SBI FXトレードが提供する「暗号資産CFD」です。

SBI fFトレードはFX業者としての実績があります。

注文も指値、逆指値、IFD、OCO、IFDと揃っています。

取り扱い暗号資産

取り扱い暗号資産最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)2倍
イーサリアム(ETH)2倍
リップル(XRP)2倍

公式 暗号資産CFC(SBI FXトレード)

以上、暗号資産CFDを紹介しました。

暗号資産の現物は保有する必要はないが、ボラティリティーのあるビットコインなどの暗号資産の値動きで利益を上げたい方向けになります。

またFXなどは土日は休場になりますが、ビットコインなどの暗号資産の市場は土日も取引が可能です。

土日にも取引したい方にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました