仮想通貨へ投資をする初心者の人に伝えたい4つの事

 

仮想通貨へ投資を始めてもう11ヵ月になります、その間色んな失敗もしましたし、基本的な知識が無く損もしました。予め知っていれば良かったなと後悔したことも多いです

最近は取引所の開設も遅れるほど申し込みが多く、仮想通貨への投資を検討している方も増加しているとのことです

ビットコインをはじめとする仮想通貨は大きな可能性を秘めています、しかしその前に前提として知っておいた方が良いと考える基本的なことを抑えておいた方がスムーズに行くのでメモしておきます

1.投資するお金のこと 2.取引所と販売所のこと 3.仮想通貨の情報のこと 4.投資する期間のこと につい書いておきます

スポンサーリンク

余剰資金で行う

仮想通貨で派手に稼いでるということも聞くとは思いますが、それは裏を返せば仮想通貨はボランティリティー(値幅)が大きいということです

確かに数倍になることもありますが、例え有望と思える仮想通貨でも1/2になることもあります(1年のチャートを観察しているとビットコイン価格も定期的に暴落し、1/3程度の下落は3~4回はありました)

ビットコイン、2017年6月~7月にかけての下落、3000ドル(約33万円)から2000ドル(約22万円)へ

 

その時にもし余裕のない資金だと冷静な判断を行うことは難しく、また有望とわかっていてもホールドし続けることは更に難しいです、仮想通貨界隈でもあのままホールドしておけばと悔やむ声は多いです

また最近では株から資金の一部を移動させている方もいるように、投資先のポートフォリオの1部分という考え方も良いことです

そしてそのボランティリティー(値幅)を利用して大きく下げた時に購入、もしくは余裕資金で買い増すことが出来ればベストです

取引所形式と販売所形式を知る

主に国内取引所の話になりますが、仮想通貨の購入には取引所形式と販売所形式の2つにわかれます

ビットコインに関してはまず取引所形式と販売所形式を採用しています

アルトコインに関しては販売所形式が多いです(Zaifでは取引所形式)

簡単に言えば取引所形式は株取引のように板に注文を出して売買が一致すれば購入できます、販売所形式は取引所が提示する金額で購入することです

取引所形式と販売所形式のメリット、デメリットについては【注意】ビットコインの買い方・購入方法についてに画像付きで書いてます

私は最初は販売所形式でアルトコインをどんどん購入していました

購入する仮想通貨を調べる

購入する仮想通貨を調べる、当たり前だろと思われるでしょうがこれも大切です

仮想通貨に関することを調べ始めると情報が洪水のように流れ込んできます、取引所のチャット、ツイッター、ブログ等日本語の情報も豊富になりました

しかし取引所のチャットなどは要注意です、今にも暴騰、今にも暴落するような「煽りチャット」をよく見ますし、初めて間もない人はそれを見て今すぐ買うべきか悩んだり、今すぐ売るべきかとてつもなく不安になったりもするでしょう

衝動買い、衝動売りはろくな結果になりません

仮想通貨に関する情報はよくよく一度落ち着いて精査して、その仮想通貨に関する肯定意見、否定意見も含め検討した方が良いでしょう、ツイッター、ブログ等で比較的まともな情報を発信していている人でもその人が保有している仮想通貨のバイアスがかかっていないとは限りません

そしてよく調べて購入した仮想通貨ほど少々の下落では動じない握力になります、調べた情報は握力です

投資する期間を考える

これは利益を確定する時に重要な判断基準になります、3ヵ月で考えるのか3年で考えるのかでは大きく違ってくるように

そして各個人の考え方になりますのでそれによって投資する資金なども変わるでしょう

短い期間で考えて高騰したらサクッと利益を確定することも良いでしょうし、私は5年くらいのスパンで現在は考えているので多少の上昇、下落では基本的に売り買いを行わないことにしています

また長期の投資で考えるなら毎月決まった額を自動的に購入するZaifの仮想通貨の積み立て(月額1000円~)投資もあります

仮想通貨への投資は可能性は秘めていますが、まだ始まったばかりで私がそうだったように慣れないことで慌ててしなくていい損失を出してしまうこともあるので私の反省から抑えておいた方が良いだろうという基本的な4つのことを書きました

コメント