取引所での盗難に備えセキュリティーを強化しよう

仮想通貨が盗難にあうパターンは主に2つです

1.取引所自体がハッキングされる

大量のビットコインが盗難にあった数年前にマウントゴックス事件が起きたこともあります

2.個人が不正アクセスされる

SNS(例・ツイッター)などでも不正アクセスされ乗っ取られる事例があります

まずは取引所に仮想通貨を置きっぱなしにするのは危険です

特に長期で保有される場合はオフラインで保有されるのがいいと思います

とはいえ

少数の取引用の仮想通貨を取引所に置いてる方もいるでしょう。

少数とはいえ不正アクセスなどで盗難にあうのはもったいないです。

そこで出来るだけ取引所へのアクセスのセキュリティーを高めておきましょう

具体的には

1.パスワードの使い回しをしない

2.パスワードを強化する

3.2段階認証を設定する

最低限これだけはやっておきましょう

スポンサーリンク

取引所のセキュリティーを高める

1.パスワードの使い回しをしない

パスワードの使い回しはもとより、簡単に類推されるものも止めましょう

2.パスワードを強化する

ハッカーはパスワードクラッキングツールなどのツールを使ったりしています

大文字、小文字、記号を組み合わせて出来るだけ破られにくいパスワードにしましょう

111767362954444444434347687

(数字をランダムに羅列)

hgffffffffdedryuhesawrsedsd

(アルファベットをランダムに羅列)

fsqwgtfxdf545drfd5tyr6td55e

(数字とアルファベットをランダムに羅列)

hafFTC5467%$#%&’&(hgasgFTU5

(数字とアルファベット(大文字、小文字)と記号をランダムに羅列)

マイクロソフト パスワードチェッカーより

パスワードチェッカーなどを参考に強度を上げておきましょう

3.2段階認証を設定する

これも当たり前です。

5分で出来ます、設定しておきましょう。

コインチェック、2段階認証解説
https://coincheck.com/faq/3025

ビットフライヤー、2段階認証解説
https://bitflyer.jp/ja/faq/2-10

それから不審なメールを開かないなど、普通にみなさんが日頃から
気を付けてることをやっておきましょう

せっかくの仮想通貨が盗難にあっては悔やんでも悔やみきれません

出来るだけセキュリティー対策をして、
安心して仮想通貨の売買に全力を使いましょう。