ビットコイン(BTC)、Segwitアクティベート!

ビットコイン(BTC)のSegwitが24日にアクティベートされました

8月9日にSegwitがロックインして無事にアクティベートされ、スケラビリティ―問題の解決の突破口がようやく開きました

今後の可能性としては今のとこは確率は低いですが11月にSegwit2xのブロックサイズに関するハードフォークが起きる可能性が少しあります

スポンサーリンク

Segwitアクティベートでどうなる

最近話題のSegwitとは何なのでしょうか?

一言でいってしまえば、ビットコインの取引データ内に従来含まれていた署名を分離して別の領域に格納する、ということなのです

引用元:Segwitとは何か?

Segwitは「Segregated Witness」(署名の分離)の略称です。

「取引データ(トランザクション)」には

・送信元の情報(「署名データ」+「公開鍵」)

・送信先の情報

が含まれており、その中でも「署名データ」を分離させて、別に管理させることで、実質的にブロックへの取引データの量を増やすことができます

実はこの「署名データ」がビットコインのブロックチェーンの約60%も占めているとこのことです

Segwit によりこれを別管理にすることで向上させるということですね

もっと詳しく知りたい方は「Segwitとは何か?」を参照してください

Segwitの効果

もちろん、上記したようにスケラビリティ問題の解決につながる可能性があります。

そして可能性としてですが、以下の期待がされています

・取引手数料の減額化

・技術の開発が活発

・BTC価格の高騰

あくまでも可能性としてこういう効果があるのではと言われています

あとTREZORがSegwitアクティベート記念としてキャンペーンやっているので、興味のある方は参加されては