ビットコインはあと2回分岐する可能性

8月1日にビットコインコア(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に分岐しました

更にあと2回今年中にビットコインコア(BTC)から分岐の可能性が出てきました

1.ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

2.ビットコイン2x(仮)

の2つです

分岐というのはHF(ハードフォーク)で行われるわけですが、以下のように分岐後の手持ちのコインはなります

Aコイン10枚 Aコイン10枚
Bコイン10枚

それぞれの価格がどうなるかは市場次第です

ビットコインキャッシュ(BCH)の時と同様にあくまでも直前までほんとうに行われるか不明な点もありますが、情報は追っていたほうがいいでしょう

スポンサーリンク

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)

・時期 10月25日分岐、11月1日にビットコインゴールド(Bitcoin Gold)配布

・配布対象 対応している取引所やウォレットにビットコインを保有していること

・公式サイト http://btcgpu.org/

・公式ツイッター Bitcoin Gold@btcgpu

分岐時の10月25日にビットコインを保有していることが条件で、11月1日にビットコインゴールド(Bitcoin Gold)が対象に配布されます

ビットコインを10BTC保有していればビットコインゴールドが10BTG配布されるということです

配布の対象になる時期は上記ですが、もう1つ受け取るにはビットコインを

・ビットコインゴールドの配布に対応する取引所で保有しておく

・対応しているウオレットに保有しておく

ですが、まだ取引所等はアナウンスを出していないのでこれから10月25日に向けてビットコインゴールド(Bitcoin Gold)を取り扱うかの取引所のアナウンスにも注意しましょう

そもそもなぜ、また分岐させるのかですが、ビットコインキャッシュ(BHC)はビックブロック派が1Mから8Mへブロックサイズを上げることが必要との主張で分岐させました

ビットコインゴールド(BCG)はマイニングの敷居を下げるために行うようです

詳しくは下記の記事を見て下さい

ビットコインゴールドとは?「新しい通貨の誕生」

ビットコイン2x(仮)

・時期 11月中旬頃(#494,784ブロック)

・配布対象

・公式サイト

・公式ツイッター

segwit2xについてはまだ時期等の詳細はわかりませんが、ニューヨーク協定での内容に従ってsegwitをアクティベートした後、1MBから2MBにブロックサイズを引き上げるということで進んでいます

segwitのアクティベート自体は2017/8/24に行われましたが、2xを行うかにはコア開発、マイナー等で対立が続いています

またチェーンが円滑に分岐するためのリプレイプロテクションが不安な内容なようです

ビットコイン最新の見通し(2017.10.6) SEGWIT2X関連

ユーザーとしてはまずは

・分岐(HF)による価格の変動をどう考える

・分岐後の配布を受け取るには(取引所等のアナウンスに注意)

かを情報を追いながら判断していく、仮に下がると考えるなら売っておくのも良いし、上がると考えるのなら買っておくのも良いし

価格が乱高下するならそれはそれで新たなチャンスとも捉えられます、この波を上手く捌ければ

おすすめ取引所 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

テレビCMでおなじみ安心の大手、またFXのようにレバレッジ取引したい方にもおすすめ→口座開設手順

おすすめ取引所 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめビットコインをはじめ12種類の仮想通貨を取り扱い、また100万円まで盗難補償もある→口座開設手順

<海外>アルトコイン間のトレードなら仮想通貨交換所「Changelly」
【公開】仮想通貨同士を交換できる「Changelly」、使い方と手数料

「Changelly」はインスタント暗号通貨取引所サイトです
通常、海外の取引所で仮想通貨を取引する時は

ビット…

<海外>取引所 HitBTCのアカウント登録方法
HitBTCの登録方法を解説<簡単>

HitBTCは海外の仮想通貨取引所です
ICOの後に、比較的早く上場される仮想通貨、トークン(ERC20)が多く、最近ではIn…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする