Monacoin/モナコイン(MONA)とは、その概要

 

Monacoin、モナコインあるいはモナーコインとは日本発の仮想通貨

ライトコイン(Litecoin)を元に開発され2014年1月1日に正式にリリースされ、その後独自の開発路線が進む。

巨大掲示板「5ちゃんねる(元2ちゃねんる)」より発生したと言われます

Monacoin/モナコイン(MONA)の基本情報

総発行数1億512万MONA
アルゴリズムLyra2REv2
平均ブロック生成90秒
半減期3年
開発者不明(匿名)
公開日2014年1月1日
スポンサーリンク

モナコイン(MONA)とビットコイン(BTC)の違い

仮想通貨としての基本的な性質は同じですが、仕様については違いがあります

発行上限枚数

発行上限枚数はビットコインが2100万BTC(ライトコインは8400万LTC)なのに対してモナコインは1億512万MONAとなります

ビットコインの約5倍の発行枚数です

承認時間(ブロック生成速度)

アルゴリズムは以前はライトコインをベースにしているといこうことでScryptでしたが、現在はLyra2REv2

ビットコインは平均10分に1回承認、ブロックが生成されます、(ライトコインは平均2分30秒で承認)、モナコインは更に早く平均90秒でブロックが生成される設計になっています

Segwit導入

ビットコインがスケーラビリティ問題を解決するために導入したSegwitをビットコインに先駆けて導入しました

ツイキャスでの投げ銭採用

配信ポータルサイトツイキャスでの投げ銭機能としてビットコインと共に実装される。

ツイキャスとは、誰でも、無料で、簡単に動画のライブ配信ができるサービスです

モナコイン(Monacoin)を購入もしくは売却することが出来る国内の仮想通貨取引所は

ビットフライヤー

ビットバンク

ザイフ

になります

コメント